お知らせ・新着情報

2014/03/05
HPのレイアウトを少し変更しました。
2014/03/03
I社の積立プランSの番外編ページを追加しました。
2014/03/2
サイト名を『積立型ファンド情報局』から『海外積立の杜』に変更して、HPを完全リニューアルしました。
このHPを譲り受けたものの私にはHP作成の知識が無かったため、長らく放置状態になってたいましたが、独学でHPを完成させることができました。 誤字や内容が間違っている、表示がおかしい等ありましたらお知らせ頂けますと幸いです。

ようこそ海外積立の杜へ

海外積立の杜をご訪問いただき有難うございます。

当サイトでは、香港の保険会社代理店より取り寄せた海外積立に関する資料を翻訳した内容を掲載しています。

海外積立の会社ごとの特徴や注意点、海外積立のはじめ方やアンケートによる人気ランキングの提供を行っています。

管理人へのご要望などありましたらお気軽にメールからお問い合わせください。

投資商品の紹介・アドバイス・説明など、投資に関する助言行為は一切行いません。該当する場合は返信致しません。

海外積立とは

海外積立は今や日本人の間でも密かにブームとなり、海外投資の登竜門的な存在と言えます。

海外投資と聞くと、富裕層がおこなう敷居が高いイメージですが、私も含むめ一般会社員でも簡単におこなうことができます。

海外積立は、投資信託の性質を持ちながら1%の生命保険契約が組み込まれているため、保険商品として販売されています。

中には日本人向けに保険無しバージョンを販売している保険会社もありますが、こういった商品は本来販売されている純正商品より内容の劣るものが多いので、損をしないためにも出来る限り他の保険付き商品と比較して吟味することをお勧めします。
※中には居住する国や国籍によって申し込めない商品もありますので注意しましょう。

海外積立が人気の理由

保険会社が保有する100〜200種類ものファンドの中から最大10〜20銘柄(※保険会社により異なる)への積立投資が可能で、日本の確定拠出年金のように自分でファンドの選択を行わなくても香港IFAや保険会社自体にお願いできるので、投資の知識が高くなくても積立が可能となります。
もちろん投資の知識がある人は、自分でファンドの選択をおこなえます。

海外積立のメリットをまとめました

  1. 月々3万円程度の少額から積立ができる
  2. クレジットカードが使えるので、海外の銀行口座がなくてよい
    もちろん香港の銀行口座を使う事もできる
  3. 1口1000万円もする高額ファンドも保険会社で小口に分けられているので投資ができる
  4. 保険会社や香港IFAといった投資の専門家が運用してくれるので、高い投資の知識を必要としない
  5. 積立額によって通常の積立金にボーナスが付与されて積立てられる
  6. 18歳以上の方を共同名義人として申込みができる
    商品によては家族以外の人でも共同名義人にできる
  7. 将来の年金や退職金の感覚で老後の資金づくりができる
    死亡保障がついている商品は家族への遺産として残すことができる
  8. 受取時に円安になっていれば大儲けできる
  9. 月々の積立なのでドルコスト平均法が活用でき、リスクを下げることができる

海外積立のデメリットをまとめてみました

  1. 積立開始から18ヶ月〜24ヶ月(以下、初期期間とします)は、積立必須である
  2. 初期期間中の解約は、解約手数料が高く積立金の大半が戻らない
    ※初期期間の間すら積立ができない人はやるべきでない
  3. 積立期間が長いのである程度の忍耐が必要
    短期的な運用益を求める人には向かない
  4. 短い積立期間では、ドルコスト平均法や複利効果が得られない

免責事項

当サイトは基本的に海外居住(日本非居住)者に向けて情報公開しています。

また提供している内容は一般に公開されているものであり、提供する情報は正確かつ信頼性のある情報を掲載するよう最善の注意を払っていますが、その正確性また信頼性について保証するものではありません。
不正確や脱落があった場合でも、これによる損失・損害について一切の責任を負わないものとします。

最終判断はご自分で行い、結果はすべて自己責任とします。

当サイトは情報提供が目的であり、投資の勧誘を目的としておりません。
実際に投資を行う場合は、正式なライセンスを保有するIFAなどの投資助言会社などへ相談し、最終判断は自己責任のもと行ってください。